緩衝材、または多様性のハイブリット

この記事をシェアする

インターネットファックスという選択肢

最近の新しいサービスにインターネットファックスがあります。
今までのファックスは、ファックス機を使い電話回線を通して送受信を行ってきました。
この時パソコンの文章を紙に印刷して送っているオフィスも多いと思います。
一方のインターネットファックスは、ファックス機ではなく、パソコンやスマートフォンから直接、ファックス機へデータを送信します。
またインターネットFAXは、有線無線に関係なく、インターネット環境が整っている状態の機器端末をお持ちならば、問題なくどこでも送受信可能です。
向こうにデータを送る時は、メールにファイルが添付されます。
ですので、機器が前になくても送り先の番号とデータをそろえたら、机の上からまとめて先方のファックス機に送れます。
逆に従来のファックス機から受け取る場合は、送ってきたファックスはメールの添付ファイルに変換され、受け取ることができあす。

気になる費用は、意外とお安くなってます

インターネットファックスサービスは会社により料金に違いはありますが、一ヶ月、一つのアドレスに1000円から2000円掛かります。
複合機のリース代が一ヶ月1万円ですから、十分なコストカットになると思います。
さらに、セキュリティーの面では特に利点が大きいを思います。
今までは不特定多数から無防備な状態で事務所でファックスを受信していました。
その中には業務に関係ない広告が混じって、無駄な紙やインクを消費していたと思います。
なにより、今までのファックスだと機密の高い書類を野晒しにしてしまう点は、これからも問題にならないとは限らないと思います。
インターネットファックスは間に責任のある会社が入ることで有害な情報がはじかれますし、手元に着た後も選んで保存できますし、感熱紙のように薄くなりません。
古いパソコンをファックス専用にするなどの工夫をして、一度導入を考えてはどうでしょう